キーワード「(not provided)」の流入の内容を知るためのGoogle Analyticsのカスタムレポート

現在多くの検索サイトがSSL化しています.つまり「http」でなく「https」となり,自然検索からの流入時にどのようなキーワードを用いて流入してきたかの情報がとれません.このようなSSL化によってキーワードがとれない場合,Google Analyticsのキーワードに関するレポートでは「(not provided)」というものに分類されます(図1参照).

 

図1.Google Analyticsのキーワードレポート

 

このように流入に使われたキーワード(検索クエリ)がほとんどとれない環境にすでに移行しているのですが,この対策としてランディングページの情報を活用します.ランディングページとは,サイトにアクセスしてきたときたユーザーが最初に開いたページです.広告などを運用していると,その広告専用のランディングページなどが用意されていたりします.自然検索の場合は,まさに検索内容に即していると判定されたページが該当します.したがって,サイト内の各ページのコンテンツの内容が明確になっているならば,キーワードが「(not provided)」の流入時のランディングページを調べることで,どのようなキーワード(検索クエリ)を使って流入してきたかが推測できるのです.

このとき,キーワードが「(not provided)」の流入をランディングページの情報を使って検索クエリを推測するには,図2のような設定でカスタムレポートを作ると便利です.図3はこのカスタムレポートを使った結果です

 

図2.カスタムレポート「(not provided)の分析用レポート」の設定内容

 

図3.カスタムレポート「(not provided)の分析用レポート」を使った集計結果

 

図2のカスタムレポートは,

(not provided)の分析用レポート

https://analytics.google.com/analytics/web/template?uid=X9hle-lyT3CUNGLDcCGU4A

から取り込めます.カスタムレポートの取り込み方などは記事「Google Analyticsでリファラー内の参照元「search.yahoo.co.jp」を自然検索のチャネルとして集計するセグメントを作る」を参照してください.